Topics Blog

月別アーカイブ 2020年06月

栽培品種更新しました。

今季の新品種を公開しました。

栽培終了はスイートアバランチェとフレアーになります。

新品種として、スタンダード2品種と

スプレー1品種の計3品種になります。

コロナウイルスの影響の影響がなければもう少し

新しい品種を導入すると予定でした。

ケンジントンガーデンはダリアのような開きのスタンダード。

いままでのバラにはあまりない花型です。

香りはほとんどありませんが、花持ちの良い品種です。

アンブリッジローズはパテントの切れたイングリッシュローズ。

かなり古い品種になります。

香り強香。そのため、咲くスピードがかなり速いです。

花持ちも良くありませんが、可愛らしい花型と香りが魅力です。

ゴールドダストはごく普通な黄色スプレー。

これから定番となりそうな品種です。

脇芽がほとんど出ないため、作業性の良いスプレーです。

カテゴリー:栽培情報

久しぶりの更新です。

コロナウイルス感染症により4月に緊急事態宣言が発令され、

花き業界も状況が激変しました。

コロナウイルスの影響は3月にも少なからず出ていましたが、

緊急事態宣言後は休業要請もあり、

花の需要の落ち込みが顕著にみられました。

特に大きな影響があったのは、業務需要の落ち込みです。

婚礼は全て、中止もしくは延期。

4月には入学式、入社式等も延期となり、

全く需要の無い日が続きました。

5月に母の日で少し需要も回復しましたが、

母の日以降はまた、需要の無い状況に戻りました。

あれから2ヶ月以上が経過し、緊急事態宣言も解除となり、

新しい生活様式の中で、ようやく7月には婚礼の再開の話も

聞こえてきました。

コロナウイルスの感染リスクもあるため、

以前のような需要が回復するまでには、まだまだ時間がかかると

思いますが、少しづつでも戻れればと願っています。

この更新していなかった時期に例年通りとはいかないものの、

植え替えは行いました。

栽培終了となった品種は

スイートアバランチェ。フレアーの2品種となります。

どちらの品種も10年以上栽培しており、

スイートアバランチェについては、コロナウイルスの影響がなければ、

更新をしていた可能性が高かったですが、

婚礼需要が見込めないため、栽培終了となりました。

フレアーについては黄色スプレーの定番ということで、

長く栽培してきましたが、新品種で黄色スプレーを導入したため、

終了となりました。

今季の新品種は3つ。

この後で紹介します。

 

 

カテゴリー:若旦那ブログ

page top