Topics Blog

月別アーカイブ 2020年02月

アバランチェという品種

アバランチェという品種が当園で栽培を始めたのは

今から13年前、温室を増設した際に

新しく建てた温室に導入しました。

当時は白ということもあり、そこまでの人気もありませんでしたが、

大輪ということで、栽培2年目あたりから花の小さくなる夏の時期に

注文が増えるようになりました。

当園も注文対応のため、徐々にアバランチェの面積増やす中、

東日本大震災が起こりました。

その際、震災前に更新用のアバランチェの苗は発注済みで震災の

翌月に苗が届き、震災時、アバランチェはすべて生き残りましたので、

更新するはずの株もそのまま、更新用の苗を被害のあったところに定植。

アバランチェがかなりの面積になりました。

震災後数年は、アバランチェの人気が好調で、

さらにある有名人が自身の結婚式で使用したことも影響し、

爆発的なヒットとなり、

当園もアバランチェの面積が増えていたことで

注文多くアバランチェが主力品種となりました。

ところが、ここ数年は、花の消費低迷で婚礼需要の落ち込みと

全国的にアバランチェの作付けも増えていたことから、

需要と供給のバランスが崩れ、アバランチェの人気も落ち込んでいきました。

そこで当園も2年前から徐々にアバランチェの栽培面積を減らしており、

最大600坪あった面積を今季で120坪まで縮小しました。

白の定番品種となったアバランチェですので、一定の需要はあります。

現時点ではこのくらいの面積がバランスの取れた出荷量となると思っています。

今週アバランチェの植え替えを行い、栽培面積120坪となりました。

カテゴリー:栽培情報

ケンジントンガーデン

先月、今季分として定植した新品種。

ケンジントンガーデン。



まだ定植から3週間。まだ小さく折り曲げ前の

状態ですが花は咲きます。

株も出来上がっていないので、花も小さいですが、

雰囲気は伝わるかと。

オレンジ系の大輪で、咲くとダリアのような感じに。

順調に生育すれば、5月母の日辺りから出荷出来ると思います。

カテゴリー:栽培情報

立春迎えて

昨日、立春を迎えました。

1歩ずつ、春に向かっています。

今季の冬は記録的な暖冬。

と言っても冬なので、バラ栽培には厳しい温度。

ですが、確かに気温は例年よりも高く、重油の

使用料もずっと少ないです。

しかし、今季の冬は、いままで経験の無いような日照不足。

生育に大きく影響しており、採花量の少ない状況が続いています。

例年であれば、夜間も寒いけれど、日中は晴天が続きますが、

今季は雨や雪も降らないものの、連日曇り。

朝から晴天という日は数えるくらいでした。

ここ最近は、ようやく太陽の出る時間も多くなってきました。



本日AM6:00

日出の時間も早くなってきました。

今日は朝から晴天が期待出来そうです。

カテゴリー:若旦那ブログ

page top