Topics Blog

月別アーカイブ 2013年03月

期待の新薬

バラを栽培する中で、もっとも悩まされるのが、

カビが原因で発生する病気で、

ウドンコ病と灰色カビ病になります。

灰色カビ病はボトリチスとも呼ばれ、略してボトなんて

呼ばれています。

どちらもカビの一種なので、湿度が原因で発病しますが、

灰色カビ病はヒートポンブによる除湿効果で、発生は大幅に抑制出来ています。

ウドンコ病については、発生の条件が灰色カビ病とは違い複雑なため、

発生を抑制するためには、農薬散布となります。

しかし、耐性菌の発達等で、抜群の効果が得られる農薬もほとんどない状況で、

さらに新薬も発表されない状況が続いておりましたが、

(バラの登録のないウドンコ病の農薬は発表されています。)

ついに、4月に待望の新薬が発売になります。

パンフレットが届きました。

「ガッテン乳剤」



農薬のボトルや、チラシにバラの写真等を

見かけることは少ないですが、

バラの写真付きなので、効果の期待値が上がります。

いつも思いますが、農薬の名前とキャラクターは誰が考えるんだろう・・・

販売が始まったら、試してみたいと思います。

カテゴリー:若旦那ブログ

今週も

ここ最近、雨がまったく降りません。

仙台の3月最少降水量を更新するかもしれないそうです。

昨日まで3月の降水量1mmだそうです。

と思ったら、昨日の夜ほんの少し降ったみたいで、

車に後が残っていました。

でも、降った量が車に後が残る程度なので、空気はかなり乾燥しています。

天気は良いのですが、気温が低く、10度に届かない日もまだ多いです。

今週も植え替えです。

植え替える品種はピーチアバランチェで栽培終了となる予定でしたが、

苗のできあがりの関係で3ベット中、2ベットが植え替えになります。

苗が出来次第、残り1ベットも植え替えます。

4月中には終わらせる予定ですので、

完全に終了となったら、再度お知らせします。

カテゴリー:若旦那ブログ

予定外

天気予報も残念ながらハズれ、昨日も雨は降りませんでした。

今週も植え替えを行っております。

アバランチェを一部改植し、新品種を定植する予定でしたが、

キャバティバがあまりにも調子が悪いため、キャバティバを

抜いて、定植することになりました。

キャバティバは前から調子は悪く、今年、苗の発注を行いましたが、

栽培している生産者がほとんどいないため、ウチから穂木を

出さないと苗がつくれない状況になったため、別な品種の苗を発注しました。

しかし、栽培終了としてしまうには惜しい品種のため、

改植する前に穂木を採れるだけ採って、苗屋さんに苗を依頼しました。

穂木採り用として定植出来る分、200芽を目標に穂木を採ったら、

思いのほか採れました。

まだ、何芽出来るかわかりませんが、200芽くらいなら、

定植後、採花が始められるようになったら、

再度、穂木を送り、来季から栽培となりますが、

1000芽くらい採れれば、うまくいけば、

6月頃に定植出来るかもしれません。

いずれにしても、キャバティバは一時、お休みになります。

これは今朝の様子。キャバティバの廃棄は終わっていて、

これからマットを並べて、定植になります。



本日中に終えることができました。



写真の温室は1ベット200株。

5ベットなので、1000株必要になりますが、

予定していたアバランチェは1ベット400株で、

3ベットの予定だったため1200株苗が届きました。

いつも通り定植すると200株余ってしまうので、

1マット6株定植です。(通常は5株)



若干、密植ぎみです。

新品種の紹介は花が咲いてきたら載せます。

カテゴリー:栽培情報

晴れ続き

昨日の雨の予想もハズレ、毎日天気が良く、

春らしい陽気ですが、乾燥気味になっています。

バラには、過湿もまずいですが、乾燥もよくないので、

そろそろ、ひと雨ほしいところです。

明日の予報は雨になっています。

深い意味はありませんが、

イヴピアッチェの完全開花。



香りもよく、シャクヤクみたいに咲きます。

咲きやすいバラなので、これからの時期は

切るタイミングが遅れると咲きすぎるので要注意の品種です。

 

 

カテゴリー:若旦那ブログ

ピスカップのボリューム

3月18日出荷分のピスカップになります。

最近、栽培している生産者も増えて、

流通量も安定してきた品種のように思います。

これで70cm20本と80cm20本。



輪付きは普通ですが、1輪が大きいため、

かなりのボリュームになります。

梶農園の出荷箱で一番大きいサイズでも

20本で蓋が閉まるか怪しいくらいの大きさです。

ピスカップは咲きやすい品種のため、ある程度蕾で出荷できるので、

なんとか20本で納まります。

きれいなレモンイエローでこれからの時期には良い花色だと思っています。

 

 

カテゴリー:栽培情報
page top